ますのすし千歳
 

ますのすしができるまで

 ますのすしは、春祭りや婚礼などめでたいときには必ず作られ、一般家庭でも「おふくろの味」として伝承されてきましたが、現在は家庭で作られることはありません。
お店によって「甘い」「酢がよく効いている」「塩辛い」など持味の違った自慢の味を競っていますが、“鱒寿し本舗 千歳”は秘伝としての味をかたくなに守り、伝統のますのすし作りに誇りを持っている、ますのすし専門のお店です。
  ますのすしの作り方
鱒を三枚に開き、スライスします鱒を三枚に開き、スライスします。一枚一枚スライスすることによって、魚の繊維が壊されずに旨味が増します。

炊きあがった御飯に調合した酢を合わせます。

※吟味された素材と共に、この味付けが千歳の秘伝です。

鱒を並べ笹でくるんで押し寿司します笹を敷いた曲げわっぱにシャリを入れ、スライスした鱒を一枚一枚パズルを組み合わせるように入れていきます。

わっぱを数段積み重ね、重石で押しを加えて仕上げます。

※この時に鱒の旨味がシャリに染み込みます。

青竹で締め上げて青竹で締め上げて、さらに押しが加わる状態にし、包装して出来上がりとなります。

包装して出来上がりとなり


 

サイトマップ  ©2003 Company Chitose